信託保全

信託保全

お客様からお預かりした資産については、金融商品取引法等の法令の定めにより、当社が保有する資産と区別して管理しています。そのため、万が一、当社が破綻した場合でもお客様の資産は確実に返還されます。 CFD取引では、日証金信託銀行と信託契約を締結することにより、CFD取引の証拠金を信託口座にて分別管理いたします。これにより、万一、当社が破綻した場合に、受益者代理人を通じてお客様に直接返還されることになります。(この場合、返還される金額はお客様のCFD取引の評価損益を反映した金額となります。)

信託保全のポイント

信託保全の対象
CFD取引の信託保全の対象は、毎営業日におけるお客様から預託を受けた金銭又は保証金の額から実現損益、評価損益を加減算した(信託保全対象額といいます)となります。
信託保全の額
当社の信託保全は、信託保全対象額について毎営業日(ただし日本の祝祭日を除く)計算を行い、必要な資産を確定します。当社が、この確定金額を上回る額を信託することにより、万が一の場合にもお客様の資産が返還されるようにします。
信託財産の設定
当社の信託保全は、信託保全対象額につき本邦の翌々銀行営業日に信託設定いたします。
受益者代理人
CFD取引の信託保全は、受益者代理人として社外の弁護士と内部管理統括責任者を選定します。受益者代理人(内部管理統括責任者)は通常時に日々の保全金額の照合等、資産の信託状況の監督を行います。
当社は、信託保全対象額を受益者代理人に対し報告します。このとき、信託保全対象額より少なかった場合には、当社は信託口座へ資金を追加することになります。
受益者代理人(社外の弁護士)は当社の破綻等の緊急時、信託銀行から信託財産の返還を受け、お客様に帰属するべき資産を返還します。
※受益者代理人とは、多数の受益者が存在し、事実上受益者による受託者の監督や受益者の意思決定が困難な場合等に選任される者をいいます。
注意事項
信託保全は、当社が取り扱うCFD取引の元本を保証するものではありません。CFD取引においては、相場の変動等により、お客様が当社に預託した資金を超える損失の発生リスクがあります。
日証金信託銀行は、当社から信託された資金の管理のみを行い、当社及び受益者代理人の監督、選任の責任は負いません。また、日証金信託銀行が当社に替わってお客様に対する資金等の支払い義務を負うものではありません。なお、お客様は日証金信託銀行に対し資金等の支払いを直接請求することはできません。
信託期間の満了や信託の解約により終了する場合があります。その際には当社からお客様に対してその旨を告知します。また、信託口座による管理は法令等に基づくもののため、法令の変更等により、区分管理の方法を変更する場合があります。
当社は、信託保全を実施するために必要な場合に限り、お客様の個人情報を受益者代理人及び日証金信託銀行に提供することがあります。

取引リスク

取引リスク

CFD取引は、実際に預け入れた資金の何倍もの取引が行える為、投資効率の高い投資ができますが、少ない資金で大きな利益を得る可能性がある反面、予想と逆に相場が変動した場合には損失を被るおそれがあり、投資元本を超える損失を被る可能性もあります。したがって、CFD取引はハイリスク・ハイリターンの取引といえます。
CFD取引は、デリバティブの対象となる株式、株価指数、その他指数、金利、為替、商品現物、商品先物、上場投資信託の価格の変動によりCFD取引価格が変動しますので、お客様の予想と反対方向に変動することにより、損失が生じるリスクがあり、投資元本は保証されません。また、損失の額が証拠金の額を上回る可能性があります。
株価指数CFD取引に必要な証拠金の最低額は、各建玉の対価の額の10%に相当する円価格です。
取引価格には、売値と買値に価格差(スプレッド)があります。スプレッドは相場急変時等に拡げる場合がございます。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額、権利調整額、価格調整額が発生する場合があります。
相場の変動により、ロスカットレートから乖離して約定する場合があり、その結果、損失額が証拠金の額を上回る可能性があります。
(原資産が外貨で取引されているCFDの場合、新規建の際の必要証拠金は、取引価格に取引日の為替レート(コンバージョンレート)を乗じて計算されます。コンバージョンレートは、当社が提示する参照レートを用います。)証拠金維持率が、当社が設定した維持率を下回った場合、ロスカットルールによりポジションが強制決済されます。
リスクについてのご理解を頂いた上で口座開設の手続きを行い、自己の判断と責任においてお取引を行う事が肝要となります。お客様ご自身がCFD(店頭デリバティブ)取引を開始されることが適切であるかどうかについて十分ご検討して頂きますようお願いいたします。

ロスカット制度

ロスカット制度とは、お客様の損失を限定し、できる限り元手以上の損失が発生しないように、お客様の損失額が一定の水準に達した時点で強制的にポジションの決済を行う制度です。
原則としては最低限の資金は確保される仕組みとなっておりますが、このロスカット制度がある場合においても、相場の状況等によっては預託された証拠金以上の損失が発生することがあります。

取引のリスク

価格変動リスク マーケットでは、常に価格が変動しています(土日・一部の休日を除く)。価格の変動は各国の経済、社会情勢等により変動します。また、取引時間中での急激な変動や、前日のクローズレートと翌日のオープンレートが乖離する場合等があります。価格の変動がお客様の予想と一致しなかった場合には、差損が発生します。また、その損失はお客様が当社に預託した証拠金以上になる可能性があります。
・レバレッジによるリスク
本取引は、レバレッジ効果(てこの作用)により比較的少額の証拠金を差し入れることで、証拠金の何倍もの大きな元本金額のCFD取引が可能となっています。このため、少額の証拠金によりわずかな価格の変動で大きな利益を得ることが可能ですが、反対に、証拠金を超える大きな損失を被る可能性もあります。
・逆指値注文リスク及びロスカットリスク
逆指値注文はお客様の損失を限定する効果があるものと考えられますが、市場レートがお客様のポジションに対し急激にかつ大きく変動した場合や、逆指値注文が出ている状態で営業日をまたぎ、前営業日のクローズレートと翌営業日のオープンレートで乖離がある場合等に、お客様が指定されたレートよりも不利なレートで約定する可能性(スリッページの発生)があり、意図していない損失を被ることがあります。また、システム的に設定されている『ロスカットルール』についても同様に、取引におけるお客様の損失を一定の範囲で防ぐ目的ではありますが、市場レートの急激な変動により預託した証拠金以上の損失を被る可能性があります。

流動性リスク
主要国での祝日や、マーケットクローズ間際・週明けのマーケットオープンにおける取引、あるいは通常の取引時間においても重要な経済指標の発表・要人発言・重要なイベントや市場間の間隙では極端に流動性が低下し、レートの提示やお客様の新規・決済注文取引が困難となり、注文が執行されるまでに思いがけない時間を要する場合や、お客様が指定されたレートよりも不利なレートで約定する可能性(スリッページの発生)、通貨ペア、注文の数量、売買の区別、注文の種類、注文の有効期限等によってはお取引が不可能となる場合があり、意図していない損失を被ることがあります。
また、天変地異、戦争、政変、為替管理政策の変更、大型の債務不履行や倒産等の発生、各種規制等により、お客様のお取引が困難又は不可能となるおそれもあります。参照市場の流動性が低下した場合、スプレッドを拡大して提供することや意図した取引ができない可能性があり、その損失はお客様が当社に預託した金額以上になる場合があります。
さらに、銘柄、注文の数量、売買の区別、注文の種類、注文の有効期限等によっては、注文レートよりもお客様にとって不利なレートで約定することや当社レート履歴に記載のない不利なレートで約定することがあります。

金利変動リスク
金利は、各国の景気や政策などの様々な要因による金利情勢を反映した市場金利の変化に応じて日々変化します。そのため、その時々の金利水準によって、スワップポイントの受取又は支払いの金額が変動し、場合によっては受け払いの方向が逆転するリスクがあります。また、これに伴い追加の資金が必要になったり、ロスカットラインが近くなったりする可能性もあります。スワップポイントの受払いは、お客様がポジションを決済するまで発生します。

信用リスク
当社のCFD取引はお客様と当社の相対取引であり、取引所取引ではありません。このため、当社の信用状況によってはお客様が損失を被る可能性があります。
また、当社はお客様からの注文をカバー先業者との間でカバー取引を行っています。このため、カバー先の信用状況等により、お客様が損失を被る可能性、或いはカバー先において当社がカバー取引を行えなかった場合には、お客様の取引も不可能になる可能性があります。