お客様サポート

お客様サポート

eWarrant CFDを安心してお取引いただけるようサポート体制を整えております。お気軽にお問合せください。
なお、お問い合わせの内容によっては、取引概要やよくある質問、各種ガイド等で解決する場合がございます。
お問い合わせいただく前に、まずはこちらをご参照ください。
よくある質問

お問い合わせ先

お問い合わせ先

お問い合わせ先
電話でのお問い合わせ

0120-186-114

※平日午前11時から午後3時(年末年始祝祭日除く)

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、電話受付の時間を一部短縮させていただいております。


お問い合わせ先
メールでのお問い合わせ
ewd-support@ewarrant-direct.com
CFD用語集

CFD用語集

□相対取引(あいたいとりひき)
金融取引業者がお客様に対する取引の相手方となる取引。店頭取引ともいう。

□アスク(あすく)―ASK
金融商品取引業者が価格を示して特定数量の商品を売り付ける旨の申出をすることをいいます。お客様はその価格で買い付けることができます

□IFD注文(いふだんちゅうもん)―If done
優先順位にある2つの注文を同時に発注することで、新規注文と決済注文を同時に発注することができる注文方法のことをいいます。新規注文が約定したあとに、決済注文が有効になります。

□IFO注文(いふだんおーしーおーちゅうもん)―If done OCO
IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法のことをいいます。IFD注文の決済注文をOCO注文で発注することができます。

□売建玉(ポジション)(うりたてぎょく)
売付取引のうち、決済が結了していないもの。

□売戻し(うりもどし)
買建玉(ポジション)を仕手舞う(買建玉(ポジション)を減じる)ために行う売付注文。

□OCO注文(おーしーおーちゅうもん) ―One Cancels the Other
同順位の2つの注文を同時に出して、一方が成立したら、もう一方が自動的にキャンセルされる注文。

□買建玉(ポジション)(かいたてぎょく)
売建玉(ポジション)を仕手舞う(売建玉(ポジション)を減じる)ために行う買付注文。

□カバー取引(かばーとりひき)
金融商品取引業者がお客様を相手方として行う店頭有価証券デリバティブ取引の価格変動によるリスクの減少を目的として、当該有価証券デリバティブ取引と取引対象銘柄、売買の別等が同じ市場デリバティブ取引または他の金融商品取引業者その他の者を相手方として行う店頭金融先物取引のこと。

□逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)
希望されたレート以上になれば買い、または希望されたレート以下になれば売るといった注文で、通常の指値とは逆になる指値注文。逆指値注文は、実勢レートが指定価格に到達してから執行される注文のため、価格変動のタイミングによっては、指定レートから乖離した価格で約定する場合があります。(スリッページ)

□金融商品取引業者(きんゆうしょうひんとりひきぎょうしゃ)
店頭金融先物取引を含む金融商品取引を取り扱う業務について、金融商品取引法による登録を受けた者をいいます。

□裁判外紛争解決制度(さいばんがいふんそうかいけつせいど)
訴訟手続きによらず、民事上の紛争を解決しようとする紛争の当事者のため、公正な第三者が関与して、その解決を図る手続きをいいます。ADRともいいます。

□指値注文(さしねちゅうもん)
現在のレートよりもお客様にとって有利なレートをお客様が指定して発注する注文方法です。現在のアスクより安い価格で買う、又は、現在のビッドより高い価格で売る注文になります。取引はレートのかい離があった場合でも注文価格で約定されます。ただし、週明けに当社が初めて配信する価格が、お客様の指値注文の価格に達していた場合のみ、当該初めて配信する価格で約定します。

□差金決済(さきんけっさい)
現物の受渡を行わずに、反対売買による差金の授受によって決済することです。 CFDではすべて差金決済で行われます。

□証拠金(しょうこきん)
先物やオプション、デリバティブ取引等の契約義務の履行を確保するために差し入れる保証金のこと。

□スリッページ(すりっぺーじ)―Slippage
ストリーミング注文、逆指値注文等が成立するときに、注文時の表示価格(逆指値注文の場合は、注文価格)と実際の約定価格との差額をいいます。ストリーミング注文ではあらかじめ許容範囲を設定することも可能です。

□スワップポイント(すわっぷぽいんと)―Swap Point
スワップポイントとは、高金利通貨と低金利通貨の2通貨間の金利差調整額のことをいいます。ロールオーバーするごとに発生するため、決済による損益の結果は、銘柄価格の変動のほか、スワップポイントの変動にも影響を受けますので注意が必要です。

□建玉(ポジション)(たてぎょく)
ポジション。売買契約成立後、未決済の契約のこと。

□追加証拠金(ついかしょうこきん)
毎営業日の証拠金維持率判定において、証拠金維持率が100%を下回った場合に発生するポジション必要証拠金の不足額をいいます。

□店頭デリバティブ取引(てんとうでりばてぃぶとりひき)
金融商品取引所が開設する取引所金融商品市場及び外国金融商品市場によらないで行われるデリバティブ取引のこと。

□成行注文(なりゆきちゅうもん)
注文価格や約定価格を指定しないで出す注文方法です。必ずしもお客様が注文を発注した時点で、当社がお客様向けに配信した価格で約定することを保証するものではありません。

□値洗い(ねあらい)
建玉(ポジション)について、毎日の市場価格の変動に伴い、評価替えする手続きを値洗いといいます。

□ビッド(びっど)-BID
金融商品取引業者が価格を示して特定数量の商品を買い付ける旨の申出をすることをいいます。お客様はその価格で売り付けることができます。

□FIFO(ふぁいふぉ)-First In First Out
FIFO注文は、先入先出による注文のことです。新規と決済を自動的に判別して、決済できる最も古いポジションを自動的に決済する注文。

□分別管理(ぶんべつかんり)
金融商品取引業者が顧客から預った証拠金その他の資産を、金融商品取引業者の資産と明確に区分して保管すること。

□ヘッジ取引(へっじとりひき)
現在保有又は将来保有する予定の資産・負債の価格変動によるリスクを減少させるために、当該資産・負債とリスクが反対方向の建玉を取引所金融商品や店頭市場で設定する取引のこと。

□約定(やくじょう)
取引が成立すること。

□両建て(りょうだて)
同一の商品の売建玉(ポジション)と買建玉(ポジション)を同時に持つことをいいます。 お客様自らの意思により両建て取引をなさることは可能ですが、経済的合理性を欠くおそれがあることから当社では推奨してはおりません。

□レバレッジ効果(ればれっじこうか)
少ない資金で大きな取引を行うことをいいます。結果として投資した資金に対する損益の比率が大きくなります。

□ロスカット(ろすかっと)
お客様の損失が所定の水準に達した場合、金融商品取引業者が、リスク管理のため、お客様の建玉を強制的に決済することをいいます。

□ロールオーバー(ろーるおーばー)
保有している建玉(ポジション)の決済期日を自動的に繰り延べ、建玉(ポジション)を持ち続けられるようにするための行為。

税金と確定申告

税金と確定申告

個人のお客様
CFD取引により取得した利益(金利調整額、価格調整額、権利調整額を含む)は、雑所得として申告分離課税の対象となります。取引によって発生した利益、損失をその他の所得と合算し、控除できる損益通算が可能です。
1月1日から12月31日までに受取らなかったスワップポイント・未決済ポジションの含み益は、その年の課税対象にはなりません。

繰り越し控除について
取引で損失となった場合、その翌年以降3年間に渡り取引で発生した利益から損失額を控除することが可能となりました。損失繰越控除の適用を受けるためには、損失が発生した年についても確定申告を行う必要があります。また、その後についても継続して確定申告が必要となります。

確定申告とは
確定申告とは、1年間の所得に得たすべての所得を計算し、申告書を税務署へ提出後、納付すべき所得税額を確定、納税するまでの一連の作業をいいます。 なお、確定申告では1年間で得た所得を計算し、納税額を確定させますが、あらかじめ源泉徴収という形で税金を徴収されている場合や、予定納税という形で税金を前払いしている場合もあります。このため、確定申告は税金を計算し、払った税金との精算の手続きという意味合いもあります。
確定申告の対象期間は1月1日営業日から12月31日営業日となります。(翌1月1日午前6時59分までのお取引が対象となります。)
※税金と確定申告についての情報は万全を期しておりますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。今後、税制改正等が行われた場合、内容が変更となる可能性があります。詳細については、税理士又は最寄りの税務署にご確認いただきますようお願いいたします。