更新:イーサリアム(ETH)のハードフォークについてのお知らせ

平素より当社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。
イーサリアム(ETH)のハードフォークがブロック高12,965,000(日本時間の2021年8月4日前後)にて予定されております。
今回のハードフォークに関しまして、以下の通りご案内をさせていただきます。

ハードフォークの発生時期

ブロック高:12,965,000
日本時間の2021年8月4日(水)前後

ハードフォークの内容

– EIP-1559: Fee market change for ETH 1.0 chain
– EIP-3198: BASEFEE opcode
– EIP-3529: Reduction in refunds
– EIP-3541: Reject new contracts starting with the 0xEF byte
– EIP-3554: Difficulty Bomb Delay to December 1st 2021

ハードフォークの詳しい内容につきましては以下のサイトをご覧ください。
London Network Upgrade Specification
https://github.com/ethereum/eth1.0-specs/blob/master/network-upgrades/mainnet-upgrades/london.md#london-network-upgrade-specification
(※外部サイトへ遷移いたします。ご注意ください。)

ハードフォークを計画する主体

Ethereum Foundation

ハードフォークの目的及び予測される効果

取引手数料の高騰の抑制、ディフィカルティボム(マイニング難易度の段階的引き上げ)の延期など

ハードフォークによりお客様に生ずるリスクなど

当社が提供するサービスについては、継続して取引を行っていただけます。
※eワラント取引では、イーサリアム(ETH)を対象とするeワラント(イーサリアムレバレッジトラッカーおよびイーサリアム先物インデックストラッカー)および暗号資産CFD取引でのイーサリアム(ETH)

ただし、今回のハードフォークに伴いブロックチェーンの分岐などにより大幅な価値変動が発生する可能性や流動性の状況等によりスプレッドが拡大する可能性の他、サービスを停止させていただく可能性等がございます。予めご了承ください。
お客様におかれましては、ハードフォークに伴う市場変動等をご勘案いただき、保有されているeワラントおよび建玉管理につきましてご留意いただきますようお願いいたします。
※暗号資産CFDサービスにおいて、当社カバー先の状況に由って2021年8月7日(土)18:00~翌2:00にイーサリアム(ETH)の取引停止の可能性もございます。その場合には、2021年8月7日(土)午前中に別途通知いたします。予めご了承ください。(更新日:2021/08/03)
※当社カバー先のハードフォーク対応完了を確認いたしました。由って、上記の取引停止はございません。(更新日:2021/08/06)

お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。