新サービス 【暗号資産CFD取引】取扱開始のお知らせ

2021年7月12日より暗号資産CFD取引のサービス提供を開始することをお知らせいたします。

暗号資産CFD取引( Contract for Difference:差金決済取引)には、①手元資金にレバレッジをかけた投資(最大2倍)が可能、②原則24時間365日の取引(メンテナンス時間を除く、③投資スタンスに合わせ、売りからの参加も可能という特徴があります。

当社は、投資家の皆様の投資スタンスにあった投資方法をご提供するために取扱商品を販売・サービスを展開しております。例えば2021年2月より暗号資産相場を対象とした日本初となるレバレッジ型の中短期投資向け証券化商品『暗号資産レバレッジトラッカー』を、同年5月よりレバレッジ・ロスカットなしの特徴を持つ長期投資ニーズに対応した証券化商品『暗号資産先物インデックストラッカー』の提供を開始いたしました。

更にこの度、暗号資産CFD取引のサービス提供を始めることで、投資家の皆様が暗号資産相場の様々な局面にあった多彩な投資戦略を取ることが可能となりました。

今後もこれまで以上に『投資をもっとお手軽に、もっと面白く』をモットーに、投資家の皆様に魅力的な商品を提供することを目指してまいります。

eワラントCFD Webサイトhttps://cfd.ewarrant-direct.com/
eワラント証券の口座開設https://signup.ewarrant-direct.com/

暗号資産CFD取引サービス概要

本サービスは、当社の暗号資産CFD口座開設のお申込みをいただく必要がございます。

取扱い暗号資産とその概要

取扱い暗号資産とその概要

eワラント証券暗号資産CFD取引サービスの最大の特徴

日本初*となる暗号資産CFD取引ツールにMT5を採用!!*当社調べ)
当社の暗号資産CFD取引は取引ツールにMetaQuotes社の取引プラットフォームMetaTrader 5(MT5)を採用しています。MT5は世界中で利用されている取引プラットフォームMetaTrader 4(MT4)の最新版で、MT4よりも機能性と動作性の改善が図られています。
さらにMT5の大きな特徴として自動売買プログラム(EA)に対応していることが挙げられます。
お客様ご自身が操作しなくとも取引を行うことができるため、収益機会を逃したり、見ていない間に大きな損失を抱えることから回避することも期待できます。
当社サービスをご利用の際には、是非お試しください。

取扱い暗号資産とその概要

プレスリリースのPDFファイルは以下をご参照ください。
暗号資産CFD取引サービスを開始