CFD取引の特徴

CFD取引の特徴

はじめてのCFD

はじめてのCFD – CFDとは

CFDとは「Contract For Difference」の頭文字を取った略語で、日本語に訳すと「差金決済取引」といい、少額の証拠金を預託することにより、投資元本より大きな金額の取引をする(「レバレッジ」をかける)ことが可能です。国内外に上場する株式、世界の主要な市場の株価指数・株価指数先物、債券先物等の価格等を参照し、取引開始時と終了時の価格差により決済が行われる差金決済デリバティブ取引の一種です。
実際に現物株(原資産)等を所有することはなく、現物株・株価指数・業種別指数や商品・債券などの市場での値動きをそのまま反映しながら原市場と同様の取引ができ、かつその売買価格の差が損益になるというのが大きな特徴な金融商品です。

取引手数料無料

CFD取引では取引の際に手数料はかかりません。
何回取引してもかかりませんので、手数料を気にすることなくお取引いただくことができます。
但し、暗号資産CFD取引においては、ロールオーバー時にレバレッジ手数料(スワップ)が発生します。
※詳細については、暗号資産CFD取引ルールよりご確認ください。

レバレッジ10倍

レバレッジとは、「てこの原理」のことを言い、CFD取引では、少ない資金を元手に大きな金額の取引を可能にする仕組みのことです。取引するために必要な最低資金が決められていますが、手元の資金に対してどのくらい大きな取引をするかは、お客様ご自身で決めることができます。
暗号資産CFD取引では、証拠金の2倍の金額の取引が可能です。

売りから注文可能

CFD取引では、現物取引とは異なり売りから取引を始めることができ、取引戦略の幅が広がります。
利益を得るために、高く売って安く買う。又は、安く買って高く売ることができますので、下落局面でも利益を狙うことが可能です。

ほぼ24時間で取引可能

CFD取引は、取引時間が決まっていますが、ほぼ24時間取引することが可能です。
※詳細については、暗号資産CFD取引ルールよりご確認ください。
また、当社が採用するMetaTrader5(MT5)のEA(エキスパートアドバイザー・自動売買プログラム)を用いれば、24時間値動きを監視する必要はなく、投資チャンスを逃さずお取引いただくことができます。

ロスカット制度

ロスカット制度

ロスカット制度とは、お客様の損失を限定し、できる限り元手以上の損失が発生しないように、お客様の損失額が一定の水準に達した時点で強制的に建玉の決済を行う制度です。
原則としては最低限の資金は確保される仕組みとなっておりますが、このロスカット制度がある場合においても、相場の状況等によっては預託された証拠金以上の損失が発生することがあります。

取引ツールはMT5を採用~高機能で使いやすい取引ツール~

現在、デリバティブ取引において世界で一番利用されているMetaTrader4(MT4)の後継システムとして満を持して登場したMetaTrader5(MT5)を採用。
MT4を上回る多種のテクニカル分析などのチャート機能に加え、最大の特徴である自動売買プログラムEA(エキスパートアドバイザー)の利用が可能です。
また、外出先でもお取引いただけるようにiPhone、Androidのアプリをご用意しております。

信託保全

カイカ証券では、お客様の大切な資産を守るために、法令の定めにより当社が保有する資産と区別して管理しております。(分別管理)
CFD取引では、CFD取引の際にお預かりした証拠金を日証金信託銀行の信託口座に分別管理いたします。これにより万一、当社が破綻した場合でも、受益者代理人を通じてお客様に返還されることになります。

他の金融商品との違い

CFD取引では、世界各国の株価指数やコモディティ、暗号資産など幅広い銘柄の取引をすることができますが、ここでは当社が取り扱う暗号資産CFDとその他の金融商品との違いを見ていきます。

FXとの違い

色々な商品に投資できるのが魅力のCFDですが、さまざまな商品が取引できるため正しい理解が必要です。まずはFXとの違いを見ていきます。CFDは、Contract For Difference(差金決済取引)の略であり、実はCFDもFXも大きなくくりで考えると同じ金融商品です。実際にイギリスなどでは、FXはCFDの一種として取り扱われており、一見難しそうに見えてしまうこともありますが、FXとCFDに本質的な違いはありません。ただし、CFDというくくりでは同じ商品でも、取引時間や最大レバレッジなどに違いがありますので、その違いを確認しておくことが大事となります。

暗号資産CFD
(当社の場合)
一般的なFX
取引時間 24時間365日 月曜午前7:00〜土曜午前7:00
(月曜午前7:00〜土曜午前6:00 /
米国夏時間)
レバレッジ 最大2倍 最大25倍

※メンテナンス時間を除く

先物取引との違い

先物取引とは将来の売買についてあらかじめ現時点で約束をする取引のことです。現時点では売買の価格や数量などの約束をしておいて、将来の約束の日が来た時点で、売買を行います。前もって売買の価格を決めておくことができるので、価格変動する商品の売買につきものの価格変動リスクを回避できるという利点がありますが、「将来の約束の日(期限)」が決まっているため、現物の受払いを伴わない場合には、期限までに当該取引を決済する必要があります。一方、CFDには、期限の縛りはありませんので、好きなタイミングで決済取引をすることができます。

現物との違い

暗号資産現物を持つ際に必要なウォレット(暗号資産を保管するお財布のようなもの)を持たなくていいこと、またそれによるハッキングリスクがないことが挙げられます。過去に、ハッキング被害により交換業者や取引所から暗号資産の不正な流出がたびたびおこりましたが、CFD取引であればそもそも現物を持っていないので流出すること自体がなくなります。悪質なハッカーによる流出や盗難のリスクがないということはメリットです。 次に現物とCFDとの大きな違いをご説明します。

【メリット】
①売りからも取引できる
現物では値下がりを予想してもショートポジションを取れないので機会損失になりますが、CFDなら下がると思ったらショートポジションを取ることが可能で、「高く打って、安く買い戻す」取引を狙うことができ、より機動的に売買することが可能です。
②少額でレバレッジをかけられる
現物では差し入れた金額以上の取引はできませんが、CFDではレバレッジをかけることで、元手資金より大きな額で取引ができます。暗号資産CFDの場合はレバレッジ2倍まで取引できます。例えば10万円を差し入れたとすると、20万円分の取引ができるようになります。

【デメリット】
③ロールオーバーコストがかかる
現物取引では発生しないコストとして、CFDの場合は日付をまたいで建玉を保有した場合、建玉の保管費用としてロールオーバーコストが発生致します。
当社の暗号資産CFDの場合、ニューヨーク時間午後5時(米国標準時間採用時:日本時間午前7時、米国夏時間採用時:日本時間午前6時)時点での建玉保有状況を基準に、該当時間をまたいで建玉を保有(ロールオーバー)した場合、買いポジションでも売りポジションでも建玉の保管費用として手数料が発生します。
④ロスカット制度がある(差し入れた金額以上の損失がでる場合がある)
現物取引ではいったん現物を購入したらそのまま値下がりしても含み損がでるだけですが、CFDの場合はレバレッジにより元手資金より大きな額で取引している為、ある一定以上の損失が出たら強制的に取引を終了していただく制度を取り入れています。つまり、ロスカット制度とは、お客様の損失を限定し、できる限り元手以上の損失が発生しないように、お客様の損失額が一定の水準に達した時点で強制的に建玉の決済を行う制度です。

原則としては最低限の資金は確保される仕組みとなっておりますが、このロスカット制度がある場合においても、相場の状況等によっては預託された証拠金以上の損失が発生することがあります。以上4点、暗号資産の現物取引とCFD取引の違いを説明させていただきました。
この他にご不明な点がございましたらサポートセンターまでお問い合わせください。

暗号資産CFD 暗号資産(現物)
手数料 無料 通常有料
レバレッジ 2倍 1倍
必要金額 約定代金の2分の1 約定代金全額 + 手数料
新規売り注文 可能不可

手数料

当社の暗号資産CFD取引においては、ロールオーバー時にレバレッジ手数料(スワップ)が発生します。
※詳細については、暗号資産CFD取引ルールよりご確認ください。

新規売り

CFD取引では売りから取引を始めることができるので、相場の下落局面でも利益を上げることができます。

eワラントとの違い

eワラントは、1万円以下から気軽に始めることができる金融商品「カバードワラント」という種類の有価証券で、CFDと同様に少額から取引を行うことができます。eワラントは先物取引と同様に取引の期限が決まっており、満期日に参照原資産価格が権利行使価格に達しないと投資元本が0(ゼロ)になります。CFDやFXなどのレバレッジ商品と同様に、少ない資金で大きな利益を得る可能性がある反面、予想と逆に相場が変動した場合には損失を被るおそれがある商品ですが、投資した金額を超える損失は発生せず最大損失が限定されているのが特徴です。

eワラントは当社でお取引いただくことができます。詳しくはこちらをご覧ください。

CFD取引のリスク

CFD取引のリスク

CFD取引は、デリバティブの対象となる株式、株価指数、その他指数、金利、為替、商品現物、商品先物、暗号資産、上場投資信託等の価格の変動に対して、レバレッジ効果により実際に預け入れた資金の何倍もの取引が行える為、投資効率の高い投資ができますが、少ない資金で大きな利益を得る可能性がある反面、予想と逆に相場が変動した場合には損失を被るおそれがあり、投資元本を超える損失を被る可能性もあります。したがって、CFD取引はハイリスク・ハイリターンの取引といえます。
暗号資産CFD取引に必要な証拠金の最低額は、各建玉の対価の額の50%に相当する円価格です。取引価格には、売値と買値に価格差(スプレッド)があります。スプレッドは相場急変時等に拡がる場合がございます。取引手数料は無料です。取引手数料以外にロールオーバー時にレバレッジ手数料(スワップ)が発生します。

証拠金維持率が、当社が設定した維持率を下回った場合、ロスカットルールにより建玉が強制決済されます。相場の変動により、ロスカットレートから乖離して約定する場合があり、その結果、損失額が証拠金の額を上回る可能性があります。
リスクについてのご理解をいただいた上で口座開設の手続きを行い、自己の判断と責任においてお取引を行う事が肝要となります。お客様ご自身がCFD(店頭デリバティブ)取引を開始されることが適切であるかどうかについて十分ご検討していただきますようお願いいたします。

取引のリスク

取引のリスク

価格変動リスク

マーケットでは、常に価格が変動しています。価格の変動は各国の経済、社会情勢等により変動します。また、取引時間中、価格が急激に変動することがあります。価格の変動がお客様の予想と一致しなかった場合には、差損が発生します。また、その損失はお客様が当社に預託した証拠金以上になる可能性があります。

レバレッジによるリスク

本取引は、レバレッジ効果(てこの作用)により比較的少額の証拠金を差し入れることで、証拠金の何倍もの大きな元本金額のCFD取引が可能となっています。このため、少額の証拠金によりわずかな価格の変動で大きな利益を得ることが可能ですが、反対に、証拠金を超える大きな損失を被る可能性もあります。

ロスカットにおけるリスク

本取引では、余剰証拠金が0(ゼロ)以下になった場合(有効証拠金の額が必要証拠金の額以下となった状態であり、証拠金維持率が100%以下になった場合)、お客様の未決済建玉が評価損の大きい建玉から順に、余剰証拠金が0(ゼロ)を上回るまで、自動的に成行注文による反対売買により決済されます。この一連の処理をロスカットと呼び、この処理は事前の通知なく行われます。
なおこの制度は、お客様の資産を保全することを目的とした制度ですが、市場の動向によりお客様が預託された取引証拠金を超える損失が生じる可能性があります。また、必要証拠金率等については、当社の判断により変更ができることをあらかじめご了承ください。

逆指値注文リスク及びロスカットリスク

逆指値注文はお客様の損失を限定する効果があるものと考えられますが、市場レートがお客様の建玉に対し急激にかつ大きく変動した場合等に、お客様が指定されたレートよりも不利なレートで約定する可能性(スリッページの発生)があり、意図していない損失を被ることがあります。また、当社がシステム的に設定している「ロスカットルール」についても同様に、取引におけるお客様の損失を一定の範囲で防ぐ目的ではありますが、市場レートの急激な変動により預託した証拠金以上の損失を被る可能性があります。なお、逆指値注文及びロスカットは、約定を優先させる取引であるため、複数のカバー先からの配信レートの中から、約定の可能性が高いと考えられるレートを選択し適用することがあります。そのため、お客様にとって不利なレートで約定することがあること、また、当社レート履歴に記載のない不利なレートで約定することがあります。

流動性リスク

主要国での祝日や特定の時間帯において、あるいは通常の取引時間においても重要な経済指標の発表・要人発言・重要なイベントや市場間の間隙では、極端に取引の流動性が低下し、当社からのレートの提示やお客様の新規・決済注文取引が困難となり、注文が執行されるまでに思いがけない時間を要する場合や、お客様が指定されたレートよりも不利なレートで約定する可能性(スリッページの発生)、銘柄、注文の数量、売買の区別、注文の種類、注文の有効期限等によってはお取引が不可能となる場合があり、意図していない損失を被ることがあります。また、天変地異、戦争、政変、為替管理政策の変更、大型の債務不履行や倒産等の発生、各種規制の導入等により、お客様のお取引が困難又は不可能となるおそれもあります。参照市場の流動性が低下した場合、スプレッドを拡大して提供することや意図した取引ができない可能性があり、その損失はお客様が当社に預託した金額以上になる場合があります。さらに、銘柄、注文の数量、売買の区別、注文の種類、注文の有効期限等によっては、注文レートよりもお客様にとって不利なレートで約定することや当社レート履歴に記載のない不利なレートで約定することがあります。

金利変動リスク

金利は、各国の景気や政策などの様々な要因による金利情勢を反映した市場金利の変化に応じて日々変化します。金利の動向によって、お客様に不利な価格変動が生じることがあります。

信用リスク

CFD取引はお客様と当社の相対取引であり、取引所取引ではありません。このため、当社の信用状況によってはお客様が損失を被る可能性があります。また、当社はお客様からの注文を、カバー先との間でカバー取引を行うことによりリスク管理を行っています。このため、カバー先の信用状況等により、お客様が損失を被る可能性、あるいはカバー先において当社がカバー取引を行えなかった場合には、お客様の取引も不可能になる可能性があります。

暗号資産CFD特有のリスク

暗号資産と本邦通貨又は外国通貨との相違
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。当社が取扱う暗号資産の詳細は、「取扱暗号資産の概要説明書」をご確認ください。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。また、暗号技術を用いて移転をする暗号資産は、暗号化されたデータを復元するための情報を喪失した場合に、他者に移転することができず、その価値が失われる可能性があります。さらに、悪意ある者がマイニング計算量の51%以上を有した場合、暗号資産の保有・移転管理台帳記録者のネットワークが前提としている認証が正常に機能しなくなる可能性があり、その結果、不正な取引が行われるリスクがあります。

ハードフォークによる分岐リスク
ハードフォークにより当社が取扱う暗号資産が2つに分岐し、互換性がなくなるおそれがあります。ハードフォークによりお客様資産の保全及びお客様との取引の履行に何らかの支障が生ずるおそれがある場合には、当社の判断で分岐前の暗号資産の取引を一時中断することがあります。また、一時停止の解除につきましては、お客様資産の保全が確保されたことを当社にて判断した上で実施いたします。その場合、取引の一時停止及び一時停止の解除については、事前に当社WEBサイト又は取引システム内でお知らせいたします。また、ハードフォークにより新たな暗号資産が発生した場合、当社は建玉の権利調整を実施する場合があり、その方法については、当社の判断で決定いたします。ハードフォークに関連した取引の一次中断によって発生する損失及び建玉の権利処理により発生する損失について、当社に故意又は過失がない限り、いかなる責任も負いませんので、あらかじめご了承ください。

法令規則等の変更によるリスク
当社の暗号資産CFD取引に係る税制及び関連法規の変更等により、現状より不利な条件での取引となる可能性があります。